ブログ

BLOG ブログ

ブログ

身体の豆知識

2020/10/13
筋肉に電気を流すと!!(超音波エコーにて!)


こんにちは!
平山整骨院です!




整骨院や接骨院で扱う電気治療法。
低周波、中周波、高周波、微弱電流マイクロカレント、超音波、ハイボルト…etc




さまざまな電流があり、痛めてすぐ使用する電流、少し症状が落ち着いてからかける電流、筋肉に血流を与えやすくするポンプ役のような電流など、種類や使う瞬間が各々違い、効果もまた違います。





当院では症状や状態に合わせて電流を使い分けて施術しています。


今日はそのさまざまな電流の中で、あまり感じない超音波機器についてみていこうと思います。


当院ではイオノソン・エビデントという機器で超音波治療機器モードを使用します!








そもそも、超音波治療機器とはなんなのか??



超音波治療器」は、振動を連続的に身体に当てて熱を発生させ、その温熱効果で治療を行う「連続モード」と、振動を断続的に起こすことで熱の発生を最小限に抑え、振動の力を利用して治療を行う「パルスモード」がある。 



超音波治療器の特長は、皮膚から数cmもの深いところまで届くこと。

※他サイトから引用






つまり、皮膚の下の数センチに、連続的な音波を発して温熱効果を与えます!
筋肉を柔らかくする、筋組織の活性化にも繋がります。



一部モードを切り替えると、腫れている時の炎症のある状態や、骨膜の炎症時等に使用可能なパターンもあります。






超音波エコーで筋肉をみてみましょう!


太腿の筋肉の大腿四頭筋を見ていきましょう!
今回はその中でも、大腿直筋という1番浅い筋肉をみていきます!





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





 
筋肉はこのように画像として写ります!
焼肉のカルビなどの中の繊維を思い出してください!

きれいに均等な向きでそろっているのが普通です!
痛めると、しこりみたいになったり、腫れが写ったり、固さが画像として出たりします!












では、太腿の前の筋肉に超音波エコーをあてて、その周りに電流をあてると、太ももにどのような刺激が入るのでしょうか??




インスタグラムで動画を上げています!
インスタグラムに電流の効果も書いてあります!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





さまざまな刺激が電流により起こり、また違った効果を生み出します!!



一概に電気療法というわけではなく、症状により使い分けることで、症状の改善が早くみられたり、体のコンディションも良くなると思います!


日常でケガをしてしまった際や、スポーツでの外傷でお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください!!

一覧へ戻る